上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月15日のことでした。

娘は、行っている学校の大学の方がやる文化祭の中で

中学生ブースの担当になっていたので出かけ


塾のお休みだった息子と父ちゃんと3人で奥多摩周遊道路へドライブに


バイクの人たちが飛ばしていたなぁ。

ヘルメット越しに見える目じりのしわ・・中高年ライダーの皆さん。

もう、大型バイクで奥多摩に乗り込んでくる人たちって

そんな世代しかいないんだよねぇ。


そこをセレナ号で切り込んでいくのは若干無理ってもん。

息子が

「オイッ!オイオイオイオイ!!」

父ちゃんに突っ込みをいれていました。

もちろん、そんな飛ばしたらひっくりかえっちゃうのでそこそこね。

途中にある見晴台にて
X267

山の上の方は22℃ぐらいで

そのころは街の方に降りると33度とかでしたから、やっぱりかなり涼しかったです。

母ちゃんの母は、奥多摩町出身

父ちゃんのお父さんは、青梅市出身。奥多摩にも結構いる苗字なので

このあたりは、私たち夫婦ともどものルーツなのかなぁ。

小さいころにこちら方面の親戚の家に行った思い出があるので懐かしかったな。

X268
ここのところ夏期講習で

机に向かう時間も多くて

気づけばTVを見てボンヤリしている息子も

とっても楽しそうでした。

少しは気分転換になったかなぁ。


周遊道路を檜原村に降りてきて

あきる野市、日の出町と・・。

途中で休憩。
X269
やっぱりアイスを食べている息子

体は大きくてもまだまだ小学生だもんな。


楽しかったなー

スポンサーサイト
2015.08.14 百日紅の花
不二家を出て、一路

私の母方の祖父母と伯父のお墓参りへ


場所はあきる野市

一山、二山分?

霊園墓地として開発して造ったところなのでものすごく広い場所

祖父母のお墓は山の上にあるので

セレナ号のギアをLOWにしてアクセルを踏み込んでも

進まない進まない。

ブーンブン!言わせてしまった・・・(恐るべしぃ)
X258





さて、話は35年も前の昭和55年にさかのぼりますが

今やうちの息子のお誕生日でお祝いムードの母ちゃんにとっての記念日でもある

8月5日に

私の母方の祖母は亡くなりました。

真夏のはずなのに寒くて、親戚の方々がみんなで

「8月なのにどうして?」と話をしていたこと

当時私は、5歳でしたがよく覚えています

今や暑い暑い8月ですが、

35年前のその日以降は、お天気も悪くてね

私より2歳上のいとこが、何も言わなくなってしまった

横たわる祖母のところで大泣きしていたり



祖母が亡くなる前は、心臓が悪くて入退院を繰り返して、

伯父や伯母が付き添いをしているところへよくお見舞いにいったこと。


5歳児の記憶、断片的ですが・・でもいろいろと思い出せるんですねぇ

その日は、母ちゃんの弟が産まれてすぐのころ

母が祖母のいる病院から危篤の連絡をもらって家を慌てて出て・・

新生児だった弟のそばで留守を預かった父と一緒に祈ったこと

昨日のことのようです。


祖母の命日のころは決まって百日紅がいろんなところで咲いています

もう35年もたったんだなぁ・・と


そして、偶然ながら??

同じ8月5日に生まれてきたうちの息子

どデカく成長しておりまして
X266
12歳の小学生ながらおやじの貫録十分な後ろ姿(笑)

月日の経つ早さに驚きつつ、なんだか?不思議な巡り合わせを感じております。

別に母ちゃんは、宗教家とかじゃないですよぉ・・

柄にもないこと言ってしまったなぁ


母の父は(私の祖父)もう59年も前に亡くなっていて

白黒の写真での姿しかわかりませんが・・きっと孫やひ孫たちがわーっ!わーっ!

お墓の前で掃除をしたり、お花を用意したりと騒がしいのを笑顔で見ていてくれてるかな?

なんて思いました


もう1人、私の伯父は2010年の8月10日に亡くなっています。

6人兄弟の長男(うちの母は4番目)で、早くに亡くなってしまった父親の変わりに

中学生のころから行商をしたりと小さな妹や弟たちのために働いて・・

苦労をした人でした。

私にとっては、お酒が大好きで、子煩悩で陽気な伯父さんという感じで・・

小学生のころは、いとこと一緒にこの時期は

よく海へ連れて行ってもらいました。

伯父の亡くなる一か月前には

思い通りにいかない体ながらも

「○○くん!頑張って大きくなってな!

と言って当時小学校1年生だった

うちの息子の背中をやさしく撫でてくれた声をかけてくれたことが

とても印象に残っています。
(伯父さん、うちの息子はその通りになっちゃってるよぉ)

やっぱり百日紅の花の季節

伯父さんは、今の世の中決して長生きではなかったのですが

お墓を見つめながら、

兄弟が多くて親に甘えることなんて少なかっただろうけど

今は、お父さんとお母さんと3人きりで一緒に並んでいるんだなぁ・・なんて考えてみたり。

いろんなことを思い出しながらお参りをさせてもらいました。


個人的には、ちょっと行き詰まり気味の仕事とか

ちょっとした時間に考え込むことも多かったり・・ですが

まだまだ私にはやることがたくさんあって

辛いことがあったってその都度考えながらも生きて

前を向いて歩いていかなきゃな・・と思いました。

ありがたいことに大切な家族がいますからね~

また、泣いたり笑ったりの私たちを空から見ていて欲しいな・・・。

って、天国の3人に報告させてもらったのでした。
X257

私の実家に帰宅後、天気が悪くなって

雨が降ってきました。

涼みながら、さっきの不二家で買ったケーキをいただき(また食べちゃった♪)
X260

しばし、うとうと・・
X261
(父が麻雀ゲームしてる!)

お天気が回復した夕方に帰りましたよ

さて、もう8月中盤だぁ!

今日のところは、宿題の追い込み作業で子どもたちのお尻をパタパタしますよ

書類の整理もしなきゃぁ!!!





12日は、朝から私の実家に子どもたちと行って来ました。

私の母は8月7日生まれ。

息子と2日違い。

ちょっとしたプレゼントをお土産に。

母は65歳になりました。

まだ、パートで近所の保育園に早朝保育の仕事で

朝の7時くらいから11時くらいまで

月~金曜日の週5勤務。


昨日も仕事があったのですが

お昼を外食にして、母の両親と兄(私の伯父)のお墓参りに行くので

にこにこと父とうちの子どもたちとセレナ号へ乗り込み出発!

そうそう、出発前にうちの父と孫であるうちの息子の背比べ

以前は
X174
こんな感じ

これ、三か月前の5月の連休の時の背比べ写真

今回のはこれ
X265

少し伸びていますかね?

あと数センチで追いつくね。

父も毎回のこととは言え、びっくりしていました。




うちの息子と私の母のプチ誕生日のお祝いをしました。

福生にある不二家でお昼
X262
母ちゃんは大人様ランチなるもの。

ハンバーグとえびフライは子どもたちにあげちゃったけど

「THE洋食!」って感じ(笑)
X263

一応、息子と母(おばあちゃん)のお誕生日が近くだったのでお店の人に言うと

記念写真を撮ってくれて、息子には小さいソフトクリームのプレゼントが(爆)
X264
がははっ!ちっちぇぇ~!


と笑っていました。

君が特大児なんだよねぇ!

この後は、

私の祖父母と伯父のお墓参りへあきる野市に向かいます

続く~
娘は、土曜日まで学校だし

息子も週5で塾行っているし・・・

私も土曜日に仕事が入ることもある。


なかなか遠出は難しく

でも、ちょっと気晴らしにどうするか??


ボーリングやカラオケとか?

入間にある ROUND1 

ならいろんなスポーツができるし、ボーリングもカラオケもあるし。


日曜日に久々家族で出かけてみました。
X209
まずは、スポッチャなるスポーツがいろいろできるブースでローラースケート

うちの子どもたちは初めてでした。

でも、なんとかなるもんですね。

X216

子どもの適応能力ってすごいな。

X211
テニスやって

X208
射撃もやれて

X210
ゲームセンターまである。

X205
父ちゃんも「DANCE DANCE REVOLUTION」に挑戦していたな(私もね)。

X206
この日は、「ボーリングの日」とやら、小学生は2ゲームまで無料ということで

ガッタガタガーターでたまにスペア、ストライクも1回だけあったかな?びっくり

そんなこともありましたが

ま、終わってみればやっぱりスコアは「GGG・・」でしたが

子どもたちは楽しめたかな?

カラオケはもう疲れて時間もないし・・と帰宅。

母ちゃんもサッカーゲームで白熱しちゃって、太ももが筋肉痛でした。


父の日でしたが、家族サービスになっちゃったねぇ、父ちゃん。

2015.06.08 学校帰りに
土曜日、母ちゃんは半日仕事でした。

帰宅後、お昼をちょっと食べたら

娘を学校までお迎えに

娘はその日学校で英検の試験があって

終わるのは14時半くらいとのこと

途中、渋滞もありましたが駐車場には終わる10分くらい前に到着。


娘と合流後

まずは私の実家のそばのご先祖様にとお墓参りへ。


そこは、母ちゃんの父方の祖父母のところになります。

娘と2人っきりで行くのは初めてかな?

祖父母のところから10mくらいのところに本家のお墓も

そこはものすごくお墓の敷地が大きく

代々を遡ると江戸時代まで墓誌にお名前がありました。


私の祖父は戦争に行っています。

祖父は無事に帰ってこられましたが

祖父には3人兄がいて

南方の・・ボルネオ島やミンダナオ島で亡くなった人もいます。

その方々は帰還されていないようでして

そのようなことも本家のお墓には記されています。

お会いしたことがありませんが

その時、その後の息子を待っていたであろう

母親、周りの家族の気持ち

想像すると言葉にはとうていできない

何とも言えない気持ちになります

昔は子供がたくさんいたのでしょうが、きっと人数なんて関係ないよな


うちの娘はどんな気持ちでお墓の前にいたのかなぁ。


戦後70年

時代もそして法律までもが動き出しそうで

子どもたちの将来がとても心配でもある昨今


そんなことを思いながら

娘といろんな話をお墓の前でしました。


江戸時代のご先祖様からだと

私たちは玄孫の玄孫とかでしょうか??

ここまで続いています。

そして、この先もどうぞ見守っていてください・・・と。



さて、さてさておばあちゃんおじいちゃんが待っているから行こうかー!!っと

そちらをあとにして再び移動

娘の学校からは車で20分くらいでうちの実家には着くんですねぇ

私の実家に近いからって

この学校に通わせようとかまったく考えなかったのですがねー(^_^;)

自分の家がこの距離だったらベストなんですけどね・・


その結果

おじいちゃん、おばあちゃんとお茶飲みをしていたら

こうなった
X190

静かだなぁ

と思ったらすでに爆睡です

13歳の子が毎日月曜から土曜日まで5時に起きて6時には家を出ていることを考えると

なんとも大変なことをさせてしまっているとは思います。はい・・(+o+)


本当に途中で疲れちゃったり、調子が思わしくなかったら

おじいちゃん、おばあちゃんの家に電話してお世話になろうな・・・

とそんな半日でありました。

実家で採れたいちごを母がジャムにしてくれて

たくさんのお土産を持たせてもらって18時過ぎには帰宅したのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。