まだ梅雨明けしていなかったんじゃないの?
早々と母ちゃんの住むところは「明けたよ~宣言」が出たのに
ずっとジメジメシトシトでした。

今日はやっとこお陽様が見られそうですよ

さて、一昨日の富士急ハイランドへ行ったお話の後編です。

食後すぐにジェットコースターはまずいので
ちょっとゆっくり船でも乗ろうかと・・
i6
最前列の人々がポンチョらしきうすいオレンジ色のものを着ているのが見えますか?
4人乗りのたらいみたいな乗り物でゆっくり流される

「ナガシマスカ?」

というアトラクションに行ってみました。ここでも1時間待ち。
降りる人を見ると、どうやらポンチョを着なかった場合
全身ずぶ濡れになっちゃうようです。

ポンチョは1枚100円で×4購入(がっかり・・・)

何度も来ている人はMyかっぱを持って来ていました。
これから富士急ハイランドへ行かれる方、もし家にレインコートがあったら
持って行くべしです

アトラクション自体は急スピードになる場面はほとんどなく
ちょっとした下り坂を落ちるみたいな感じでしょうか?

でも、落ちたところで上がったヘヴィーなしぶきが頭から容赦なくかかります

カメラ壊れるから現場は押さえられませんでしたけど

結果
i8
i7
ポンチョ着ていてもボロボロ、頭周辺はビチョビチョでした

冬はお勧めできませんね。これ・・

でも、父ちゃんも大笑い、子どもたちもきゃぁきゃぁ大騒ぎで楽しめました。

降りると娘の念願だった・・

調べると、FUJIYAMAだけ娘は身長制限クリア

父ちゃんと息子はご遠慮。

母ちゃんはいくつもジェットコースターは乗ったことがあり、結構楽しんでしまうほうなんで
娘とともに並びました。

i2
FUJIYAMA
最高到達点79m
最高スピード130km/h

などで
1997年にギネス認定を受けています。
干支が1周しているので、きっとこの記録は破られているんでしょうけど

子ども連れはほとんどいません。
小学生でも高学年くらい?
あとはみんな学生以上って感じの乗員。

最前列で気づいたこと

帰ってきたジェットコースターの乗員に拍手が起きるんです・・・

降りた人は無言で自分の荷物を預けたロッカーへ行ってさっさと出口へ

面白くなかったのかなぁ?・・それとも、まさか

母ちゃんは楽しみでしたが、ロッカーに荷物を預けたあたりから
うれしそうな娘が心配!モードにスイッチが変わりました。

生まれて初めて乗るジェットコースターにしちゃぁ
上級者向け過ぎなのかも・・・。

おトイレ行ってきたよなぁ・・

とかいろいろ頭の中は渦巻きはじめました。

安全バーやシートベルトがちゃんと娘の体に合っているか何度も確認をして

しっかりこのバーを握っているんだよ

うんっ!わかった。た~のし~みだなぁ

いよいよスタート。

するとお見送りでもなんだか拍手・・・(やめてくれよ)

最初は一番高いところへ向かってゆっくり上がっていく・・
まぁ、高いことは高いのですが
このあたりは他の遊園地のと同じですよね。

でも、上りきった後の静寂・・・そして、

母ちゃんは人生で初めてジェットコースターに対して後悔しました。


もうまっ逆さまって感じ。

お尻も足も浮いてしまう。

娘が大丈夫か?

横の娘を見ると

・目が開かない
・最初はやだぁ!とか言っていたのに、無言になっている
・バーをちゃんと握れていない

それからは、前を見るより娘の方を向いて

○○ちゃん!!!大丈夫!!!バーを握って!!

何とか娘の手を握ろうとしますが
握る前に息をつく暇もなくUP DOWNのくり返し

横を向いているので次に何がくるかの判断が出来ていない母ちゃんは
思いっきり横Gを受けたり
落下したときの衝撃をもろに全身で受けてしまいました。

それでも、娘が失神してしまっているのではないかと必死でしたよ

ものすご~く長く感じた乗車時間

「まだ終わらないのぉぉ!!早く終われぇぇぇ!!

悲鳴より怒鳴り声になっていた後半でした。

楽しげに両手を挙げたり、笑ったりしている人もいてすごいなぁ、っと。

やっとこ最後のDOWNが終わって
降り口が見えてきたら
娘が

こわいよぉ・・

と声を出してくれたので安心しました。

そして迎えてくれる次の乗車待ちの方々からの拍手・・

拍手の意味が
よ~くわかったっ!!

娘は降りてすぐのところで泣き出してしまいました。

そうだよね・・
そうだよね。


こんなことになるなんて母ちゃんも思わなかった(私の判断ミスだよなぁ)

とっくに一緒に乗っていた人は出口から消えてしまったけど
しばらく荷物ロッカーの前で2人とも呆然としていました。

やっとこ出口から(出口も地上より何十メートルか高い)下を見ると
荷物傍らにまったりとベンチに座っている
父ちゃんと息子を見つけました。

母ちゃんもなんだか泣きそうになった

降りてすぐに娘がアイスクリームを食べたがったので買って(気持ちは悪くはならないらしい)
ベンチに腰掛けて、母ちゃんはお茶を飲んだのですが
手がガタガタ震えていました。おまけに足は太ももが筋肉痛

高所嫌いな父ちゃんとビビリ息子は本当に乗らなくて良かったと思います。

ええじゃないかとか
他にもジェットコースターはありますが、身長制限で乗れなくて大正解だったかも。

多分、もっと若くて子供連れとかじゃなかったら母ちゃんは大丈夫だったかな。

でも、今回は娘が心配で心配で恐怖心が倍増しちゃったみたいです

それなりの覚悟が必要かもですよ、これから行って乗ろうと思っている人
乗る前におトイレお勧めしておきます。けけけっ・・・

こんなメンバーですから、おばけ屋敷は今回見送りとなりました。

歩けば稲川淳二氏がそこかしこで看板にて登場するんですけど
やめておきましたよ。

a6
a7
うちには、まだしばらくはこんなゆるい感じのでいいのかと思います。

ラストは、ポケモンの催し物があるエリアで
体を使った遊びができるので、閉園時間まで
子どもたちは汗だくでずっとボール投げや滑り台などを楽しみました
i13
i10
i9
i11
a8

父ちゃんお疲れ様
i12


夏休みの思い出がもう1つ(娘にはかなり強烈だった??)できたね。
a9

しばらくFUJIYAMA夢で見ちゃいそうです

だって、衝撃で腰周辺に当たったバーのせいで
母ちゃん骨盤のへりに沿って体の両側に2cm大のあざが出来てました。

それが痛くてうつぶせは数日無理でしょう。
体重が軽ければ平気かもね・・・。
とんだお土産いただいちゃった?




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/177-465e3822