上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だ?このタイトル?

わかる人は、わかりますか?

ポケットモンスターの最新映画のタイトルです。

先週の土曜日から上映されているものなんですが
読者の皆様ならご存知
うちの子供たちは

ポケモンにハマりにハマっている

昨年のクリスマスの時に「ポケモン辞典」を実家の父母からもらって以来
こんなにハマるなら勉強に生かしてくれないかぁ?

ってぐらいです。
400以上あるポケモンを娘はあっと言う間に覚え
息子とともに
母ちゃんのわからん話で盛り上がっています。

何がそんなにさせるのか?

今回、前売り券を買い
母ちゃん、保護者という名を使って検証してきました。

ストーリーはこれから見る方もいると思うので触れません。

ポケモンは商売上手というか・・
映画館で映画を見る人のみ任天堂DSのポケモンゲームで使える
限定ポケモンが
ダウンロードできる特典つき。

みんなスクリーンの前に座ると
上映前に一斉にどこからかマイDSを出して
その限定キャラをダウンロードしている。

母ちゃんが子どもの頃じゃ考えられない光景。

大学で初めてPCを使い出した母ちゃんでは
こんなチビっ子たちが巧みにゲーム機を使いこなしているのは
異様な感じ。

2万円近くもするゲーム機をみんなが持っているんだなぁ。
親が奮発しているんだなぁ。お年玉??
無理しちゃって~(うちもだ)


なんてちょっと斜めから見ていたり
楽しげにダウンロードが始まると笑顔の子どもたちを眺めたり。

日曜日の1本目、9:40スタートのこの映画。
ショッピングセンターの中にある映画館。

9時に行けばいいや・・なんて出ていったら
入口に50人越えの親子が

夏休みに入って1週間あまり
少しはお客さんもバラけたかと思っていましたが

ポケモン人気恐るべし

映画が始まって
テーマソングかかかりだすと

子どもたち(本当に小さい子も)
みんなノリノリで口ずさんでいたり

どこかのライブ会場ですか??

ポケモン熱にやられていない母ちゃんは
人気を冷静に分析しようと思っていましたが
いきなり圧倒されていた。

画面いっぱいに出てくる無数のポケモンに対して

「あっ!○○だ!!」
「ピカチュウ10万ボルトぉ!」

声を張り上げている。

うちの息子もしかり
娘が一生懸命立ち上がる息子を席へ引っ張り戻していました

とにかく、子どもたちの映画(ポケモン)に対する集中力がすごい。

一通りストーリーが終わり
エンドロールになっても

誰1人席を立たず

会場が明るくなるまで
ちゃんと座ってこの映画終了を見送っていた・・・

普通の映画じゃこんなことは起きない。

みんなすべてポケモンを1匹たりとも見逃したくないのかな?

10年くらい前?
TVでやっているポケットモンスターを見ていて
激しく光が点滅する映像で
全国の子どもたちが痙攣を起しちゃったなんて事件?ありましたよね。

これだけ集中して画面を見ていたら

わからなくもない。

ポケモンてすごいんじゃないか~?

上手に教育に使ったら
日本は平和になるかもよ?

麻生さんはじめ時期総理を狙っている政治家の方々
どうですか??


偵察のつもりだった母ちゃん
ピカチュウ以外はあんまり知らなかったのですが

映画館を出る頃には
結構子どもたちと話題が合うようになって
ちょっと行ったかいがあったかな~
不覚にも?感動する場面もあったし


でも、一言

付き添いの人用にもっと大人のチケット安くならないかな?




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/179-7e012f1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。