夕方ちょっと時間があったので、父ちゃんが帰宅前に出来る散歩はしてしまおうかと思って

チョコを最初にぐるっと一周

すると疲れたのか?

「おっ!おっさんが寝ている
チョコ

「誰がおっさんって!??
チョコ2

失礼、失礼・・・疲れてるみたいだからさぁ。

まだ、自分も体力がありそうなんで、最近ゆっくり散歩の時間が取れていないモカお嬢さんと2人っきりで

「私1人でいいんですか?
モカ

いいんだよぉ。いっつもクッキーのくるくるくるくる~パーマンにあっちゃこっちゃ引きづられているもんね。

まだなんだか心配そうな顔で振り返る
モカ2

いつもチョコに気をつかって散歩は別だし、クッキーと一緒だとゆっくり散策できないんだよね

こうやって、ねこじゃらしと遊んでみたり
モカ3

川沿いの猫に叱られたり

「なんやねん?パンチしたろうかぁ?
モカ4

猫がいてもクッキーがひたすらあっちへホイホイこっちへタッタカしちゃうので、こんなご対面はないよね。

夕暮れ時の川沿い散歩コース
散歩道

いつもの倍近くゆっくり散歩ができました。

すると、何やら家のガレージでは二つのこちらを見る光が

「ずるい~!モカちゃんだけぇクッキー

いいじゃんよぉ。いっつもお前さんの散歩に付き合ってもらっているんだから、たまにはさ!

また、父ちゃんが帰ってきたら単独で散歩行ってあげるし

「本当ですか?待っていますよ!!
クッキー2

また今度時間取るからね。
モカ5

だいぶ外は寒くなり、お外の2コギには心配のコメントをいただいたりしており、感謝いたします。

モカもクッキーもこの通り元気にやっています。

私も時間の許す限りこの2匹(チョコもです)と過ごしておりますので。

室内の鬼さん(チョコ)はモカが散歩に行くのを察知して吠えまくって娘に叱られたそうです。

たまにはいいじゃないのよ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/21-753ec696