本当に、うちのコギたちは元気なんですよ

母ちゃんの家のブログは最近3コギが出ないじゃぁん?

って思っていた皆様。


お待たせいたしました!!(綾小路きみまろ風)
a

って、でもきっとバタバタな記事になりそうですけどね


昨日のお外も真っ暗になった18時前

いつものごとくお外のモカとクッキーにご飯をやっておりましたところ

なにやら

近くで

「ミャァ~!


ご飯秒殺のこのお方々

わぉ!? わぉわぉわぉ~んん


その元気な声の主はこんな感じ(の日本猫でっせ)
r

義兄の車の下から登場して、モカ達の声に驚いて

うちのセレナ号の下に移動(って返って近づいているんですけど・・・)


本能がそうさせるのか?

かかんにもその子猫さま

そのスピードをゆるめず

クッキーへ突進!!!


デザートになりたいのか??

モカお姉ちゃんはおいしくありません!
何を~!!

f


母ちゃん、その子猫をつかみましたよ

クッキーの顔の大きさもないくらいの子猫

なのに、闘志むき出し

クッキーへパンチをくらわさんばかり&ひどいお顔でっせ

こわかったかもです・・・q

そのおっそろしい爪先は母ちゃんの左手の甲を・・・

ぎゃぁぁ!!
k

驚いた母ちゃん、子猫をコギとはあさっての方向に変えて下ろしましたよ。


騒ぎを聞きつけて

子供達も出てきて

大騒ぎ
j

子猫さまは、母ちゃんの家に上がる2階への外階段の下の物置の隙間へ

娘が懐中電灯を持って来て見ますがよくわからず

とりあえず、興奮状態のこの2コギっちをクレートに入れて

何事も無かったように家の中で様子見


それよりも、母ちゃんはひどいねこアレルギーなので

そうなのよねh

急いで傷を消毒してなぐさみ程度にオロナイン塗って
e

着ていた服を着替え・・・


それにしてもヒリヒリ痛いことよ


ここ何週間か外で子猫の声はしていたのですが

うちには強烈な3コギがいるし

猫が近づくことはあまり考えなかった母ちゃん。


とんだ騒ぎでしたよ。


その後しばらくするとコギのいる反対側の道路で声が聞こえたし

うちのコギも静かになったので

ほっとしましたが


もう、うちでは飼えないから・・・かわいそうだけど
(ねこと引き換えに私の命が危ないし)

こっちには来ないでおくれよ・・

きっと近所の誰かがえさをあげているんだと思うのですが

野良様に違いなし

母ちゃん自身の体調が急変しないか心配でした

娘がすごく心配してくれました

アレルギーがひどくなると咳が止まらなくなってしまうのでね

犬は3匹いても大丈夫なのですが・・・


にわとり騒動以来、猫と続き・・・次は突然の・・何が来るのぉぉ?


義兄にお嫁さんとかならいいんですけど、まぁ難しいか?


それ以外だったらお断りですね

ぼくは、悪くないですよね・・・
w

もちろんだよ、クッキー


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/247-c9599eae