2012.07.13 保護者会
昨日は、お姉ちゃんの学年の保護者会がありました。

5年生にもなると
保護者会に来る人はだいたい決まっていて顔なじみ。

娘の担任の先生は
男の人でとっても元気があって面白いおじさん(笑

前回の保護者会は爆笑で、これはよかったなぁと思っていました。

今回もそんな流れかと思っていたんですけど、ちょっと違いました。


実は、娘のクラス
とっても優しいお子さんが多く保護者の方々も
とても協力的

でも、一人問題行動をしてしまうお子さんがいるのです・・・

その子とは低学年の時に同じクラスで
少なからずうちの子も被害にあっています。

被害・・という文字を使うのがいいのかどうか。

まぁ、早くいうと

「キレる」「暴力をふるう」「言葉づかいが荒い」

クラスを超えて他学年にも被害が出ているそうです。

5年生になるまでに、どうして保護者が
この子の修正をできなかったのか・・・

校長も一緒に夜遅くまで
その子の保護者と話し合いを何度もしているそうなんですが

学校側と同じ方向を向いてもらえない・・・と先生はお話くださいました。

子は親の鏡

やっぱり・・・という感じでした。
先生も疲れているようでした。

保護者の中には、ご自身が小学校の教師の方もいて
先生にアドバイスなどされていたり

保護者の私たちもできることはどんどん協力して
子どもたちを見守ろうと・・・

そんな話し合いになりました。

先生は、全力で他のお子さんを守ります・・・

結構その発言重いです。

そこまで荒れているんだな・・と

幸い授業崩壊はないというんですね。
それは、うちの娘に聞いても事実なんです。

ただ、太った子、めがねの子、自分より小さな子
にいきなり叩いたり、言葉の暴力を浴びせる。

先生に注意をされると
隣の子の筆箱を壁に投げつける・・・

穏やかな子はおびえてしまう。
その子が休むとほっとする。

そんな思いで学校に行かねばならないなんて
辛い。

もちろん学校の対応などもありますが
自分の子ども、人様に迷惑をかけない子どもに育てて

世に出していきたいものだな・・・

と思いつつ、とても楽しいクラスを乱す行動
どうして保護者はわからないの?
親の問題なんでしょう。

憤りも感じましたし、とても不安にもなりました。

うちの娘さんその子の隣の席です。。。


低学年の時のことがあったので
同じクラスになった今年
警戒線を張って毎日娘に話を聞いています。

担任の先生も会うたびにクラスでのこと報告くださいますし
時間があれば教室見学に行ってもいいと・・・そんな心構え

ずっと持っています。

心安らぐクラスでの勉強や遊び
集団生活が訪れるように

私ができること
他の保護者と協力していかないとなぁ・・・

そう思いました。

元気で人気者の先生を保護者で支えて
学校生活を作っていきたいものです。


重い話ですみません。
でも、どうしても書きたくて・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/402-bf7f6b56