梅雨があけました、関東地方。

いきなり35度越えでちょっと歩くだけで

ドバドバ~っと汗が吹き出します。

父ちゃんはじめ、子どもたちに

水筒に入れた麦茶をもたせるのですが

家で飲む麦茶も用意となるとものすごい消費量です。


ぼけっとしていると

「ないよ~!麦茶ないっ!!」と。


熱中症で病院に運ばれる人が多くて

自分ももちろんですが

自分の家族や実家の両親などの体調が気になります。


でも、ちょっと梅雨明けが早すぎたのかな??

セミがまだ鳴いていないような気がします。

早く梅雨が明けた分

秋が10日くらい早く来ないかなぁ?なんて

まだ始まったばかりの夏なのに

そんなことを思っております。

無理かなぁ?



さて、時間は戻って3日の水曜日のこと


娘が日光から帰ってきたその日

実はかなり大変だったんです。


娘の乗ったバスがが学校に着く17時30分に

迎えに行こうと思っていた夕方

家の電話が鳴りました。


息子が遊びに行っていたお友達の家から

「〇〇君がうちの玄関のドアに指を挟んでしまって・・」

自転車で出かけましたが乗って帰るどころか

電話口からはものすごいうちの息子の鳴き声

ちょっとふつうの泣き声と違う!


「わかった!すぐ行くから。ごめんね~。」と

電話を切ると同時に

カギやらお財布の入ったバッグを抱えて

自転車に・・・ダメだ自転車で行ったら息子の自転車が・・


家を出たと同時に今度は携帯のメール着信

「?」


すると

「日光移動教室のバスですが17時には学校に到着いたします。」

学校からのメールでした。


ぎょえっ!


と・・とにかくまずは息子の救出だ。

息子のお友達の家へ汗だくで走っていきました。

うちからはそんなに遠くないけど

自転車じゃないこともあったし

心配も募ってなかなか時間がかかったように記憶しています。

お友達が家の外で母ちゃんの到着を今か今かと待っていました


ちょっと通りから奥ぜまったところにあるお友達のS君の家

もう家に着く前からうちの息子の

「ギャーギャー!」と悲鳴に近いような泣き声


玄関を開けると

S君のおじいちゃんが息子の手に保冷剤を置いて

涙をタオルでぬぐってくれて待っていました。


聞けば

まぁ、追いかけっこを外と中でしていて

息子がドアの根本の方(ヒンジ)に手を置いちゃったところに

S君が閉めちゃったという、

まぁ、子どもにありがちなアクシデントですが

すでに息子の右手の中指と薬指は色が変わっていて

ちょっとまずいか?と

焦りました


おじいちゃんにお礼を言って

息子の自転車を引いて

泣く息子をなだめながら


大きな体ですがまだまだ子ども

息子もなかなか泣きやまず

交差点で待っていると

夕方の帰宅の時間にさしかかって

人通りも多く

どうしたんだ?的な人々の視線


家にまず帰って


保冷剤を増やして

指の様子を見て


本当にかわいそうだったし

すぐに医者に連れて行かないとなんだけど


姉ちゃんの方のバスも着いちゃう


速攻今度は自転車で学校に向かい

帰宅ラッシュ中の父ちゃんにも連絡をとって

移動教室から帰った娘のお土産話を聴く暇なく


家に帰って

今度は息子を連れて

駅前の整形外科に


あぁ・・・判断ミスか?

もっと良い方法があったのか?


痛かっただろうな、よく我慢したなぁ

ってか、我慢させちゃったな。


こういう時に誰か頼れる人がいたらなぁとか

娘は誰かお友達のママに頼むとかできただろうに・・・とか


いろんな後悔先にたたずな気分でした。


整形外科も予約の人がいっぱいで


やっとこ呼ばれた息子

すぐにレントゲン


と思ったら、今まで泣き止んでいたのに

レントゲン室からまた泣き声・・??


先生に母ちゃんは呼ばれ

X線を遮る上着なのか?を着せられて

息子の負傷した指を押さえて

一緒に撮影(ええ??)


後でどうして急に泣いたのかと聞いたら

レントゲンは初めてで(厳密に言うと赤ちゃんのころやりましたが)

何か上からレーザーとか出てきて指を焼かれると思ったらしい



おいおい・・


おかげさまで

母ちゃんの指の骨はきれいに写って・・おりましたとさ!こらぁ!


戻りますが

そんな感じでしたが

息子の指の骨は折れている感じではなくひとまず大丈夫でした。
X558


こんな暑いのに

めずらしく得意なのに

学校の体育のプールに入れませんね


整形外科を出ると外は真っ暗


泣きはらした息子と

汗だくドロドロの母ちゃん。


家に帰ると父ちゃんが帰宅して

娘の移動教室の話を聞いてくれていました。


重なるときは重なる。

ご飯を食べるのもシャワーを浴びるのもしばらくは

うまくできないな。

学校のノートも何が書いてあるんだろう?

力が入らず

右手の怪我は予想以上にいろんな支障がありそうです。

X559


それにしてもあの時は

焦ったし疲れたな
X560
ちゃんちゃん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/469-12a53e32