結局、小学6年生であっても受験生

塾のスケジュールは年末年始もタイトでした。


1月1日のみの娘の完全休日


2013年の年末はお正月の用意、大掃除などは父ちゃんと息子と手分けしてやりつつ

娘の塾への送り迎えはいつも通り


そのたった1日の娘のお休み

残念ながら娘本人は、一日頭痛に苦しんでいまして

1年がかりのお楽しみだって言っていた

初売りに行ってもとほほのほ・・

夕方には寝込み


もう2日の朝からお正月特訓なる塾の講習がありました。

1月も半ばには

都立も私立も願書提出


これはものすごく親にとっては責任が重く

落ち度がないか何度も見直して郵便局へ


受験票がちゃんと4枚そろって

お守りとダルマ

郵便局や銀行で受験料を支払いに行くたびにいただいた

合格祈願えんぴつなど

並べている即席神棚へお供え


娘の同じクラスで受験するお子さんは

埼玉県の私立を受験する子も多く

埼玉県の私立は1月半ばから試験がスタートするので

パラパラと試験のために学校をお休みする子がいました

その子たちが試験の結果を話しているのを耳にして

自分ももうすぐだと緊張のスイッチが入ったのか?

急に今までの勉強のペースがおかしくなったうちの子


あれ・・?というくらい

力が抜けていたり

TVを見ていることもあって

そばにいるこちらは不安でしたが

もう、今さらなにかバタバタする必要もなし

試験当日までしっかりと体調を管理しなければと思うことにしました。


時に、お寿司が食べたいと言い出したり・・

さすがに試験の直前に生もの系はさけたかったので

二週間前に回転ずしへ
X681

サラダもすべて熱を通してみたり


あの集団ノロウイルス感染のニュースとか

もうもうもう・・神経がピリリ・・


CMで受験生頑張れ!的なものがあると

妙にしんみり見ていたり


昨年の1月はまだまだお正月気分も抜けず

ぼんやりしていたわが家

こんなことになっているなんてね。


すべてがあっという間


初回の受験は2月1日

私立の第一志望校でした


最近は、午前と午後と1日二回の試験を行う私立も多く


念のため
(というか・・都立対策ばかりで合格するかどうか、とってもあやういレベルでしたので)


その1日の私立校は午前、午後両方受験


朝は、5時50分には家を娘と2人で出ました

その日は土曜日、父ちゃんは眠い目こすって玄関で見送ってくれました


実は、その朝は本当に大変でした

ここのところ母ちゃんと同じで頭痛が定期的にくるようになっている娘
(こんなもの遺伝しないでほしいのに)

頭痛で寝込んだ1月1日

それからぴったりの一か月後、2月1日・・


朝から

頭が痛い・・


念のため頭痛薬(眠くなるかもなのでどうしようかと悩みましたが)を服用

最寄駅から電車に乗るときには若干元気の兆しか?


同じ方向の電車にはこんな早い時間でもうちみたいな親子がちらほら

片手に参考書を持っていたり励ましていたり


しかし、やっぱり頭痛悪魔はまだまだ居座り


JRの国分寺駅で中央線に乗り換えるとき

ホームで娘が一言


「お母さん、吐きそう・・


ぎょっ!ぎょえぇぇっ!


母ちゃんは試験の待ち時間に読もうかと

最寄のコンビニで買った雑誌


いつもは袋をいただかずにもっている手提げなどに入れてもらうようにしていたのですが

たまたま今回はお茶を買って雑誌をビニール袋に入れてもらって

ぶらぶらさせていたんですねぇ。


速攻お茶と雑誌を手提げに入れなおして

ホームのすみに娘を連れて行きました


危なかったなぁ、すぐ・・すぐでした。


おぇおぇおぇ・・


でも幸いだったのは、朝ごはんをたくさんは食べていなかったからか?

大惨事は免れましたが


しばらく真っ青な顔の娘と背中をなでるしかない母親の図


念のため早く家を出ていたのでゆっくりすることできましたが


電車を1本見送り

娘の顔色が戻ってきたところで調子が悪かったらまた途中で下りようということで

学校に向かって先を進みました。


なんとか?無事に??


さっきのあれ・・で何かが出たのか?

スッキリと日の出のあとのひんやりした空気の中

スクールバスが到着する駅に降り立ちましたら

すっかり饒舌


子どもってすごいですねぇ

学校の係りの方々がスクールバスのところへ案内をしてくれるのですが

元気にあいさつ


他の受験生を見渡して

「あの子さっきの電車にいたよ!」なんて言っていたり


母は、とりあえず胸をなでおろしました


駅からスクールバスで20分

見えてきました一回目の受験の目的地


あぁ・・また長くなってしまいました

次回に持ち越します。














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/522-baaa1251