上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験初日の朝からバタバタしながらも

なんとかスクールバスに乗り込んで


到着後、学校の玄関すぐで受付


あれ?娘のすぐ後ろに並んでいる男の子

最寄りの駅で見かけたな(笑)

同じ小学校ではありませんが

なんでだかちょっと嬉しかったり。

でも、ライバルはライバル

男子何人、女子何人という募集ではないので

男の子だってそういうことになるんだなぁ。

なんて思ってみたり。



受付後は親子の待ち合わせ場所兼、親の待合室の食堂に案内され

娘はすぐに集合がかけられて

試験会場へと向かって行きました。


娘の試験は2教科なので11時までには食堂へ帰ってくるのですが

朝の状態が状態なので買った雑誌も見る気もおきず

周りの保護者ウォッチング


母ちゃん余裕ちがう?

いやいや、どうしたらいいのかわからないくらい集中力がないだけ。


周りは、ご夫婦でいらしているところがあったり

スマホをパラリこと指で画面をはねたりしているママもいる

それぞれがなんだか顔に心配と書いてあるような(私だけ??)

そんなことをしていると

母ちゃんも頭痛が・・そういえばそんな周期だったか?

娘のことですっかり自分のことがおろそかだった?


ズキズキ・・

母ちゃんに娘の頭痛が乗り換えてくれれば今回はよしとしよう。

途中で今、子どもたちが受けている試験問題を親に配ってくれました。

予想はできていたのですが

結構、算数が難しい。

うちの娘は算数が若干苦手

大丈夫か?これ??なんて思いながら

娘が戻ってくるまで算数問題を解いていました。

他の保護者の方々も計算機だしたり(ぷっ・・)、ケータイで調べたり。

ご夫婦で話しながら回答の分担をしていたり



そんなことをしていると、すぐに2時間が過ぎ

初回の試験を終えた娘が食堂へ


頭が痛くても

朝、あんなことになっていても、お腹はすく・・


食堂では11時過ぎから

カレーとパンのみの販売がはじまり(普段はいろいろなメニューがある)

4教科受験の子の保護者の視線をよそに

バクバクカレーを食す親子(笑)

そして親子とも頭痛薬を飲んでいるし(汗)


他校受験を午前中にしている子が午後にこの学校へ来校するのを待って午後の試験

15時30分の午後の試験スタートまでは頭を休めようと
(本当は過去問の一つも・・なんでしょうけど)

開放中の図書室へ

誰もいない・・

びっくりしました。

お日様の光が部屋に入ってあったかぽかぽか

母ちゃんは、薬が効いてしまって居眠り(こらこら)

図書館司書の方々数人が入口付近に入っていらっしゃいましたが

それを背に・・



それがよかったのか?頭痛は軽くなった?

娘は図書室をエンジョイ


数時間図書室の主状態で

試験開始の30分前に食堂に戻っていきました。

その直後、隣の席の母子の様子が目に入り

たぶんお母さんの方は小学校の先生

自分の受け持っている子どもたちのテストの採点をしながら

点数を出席簿に記したりといそがしく

口は、自分の息子を叱咤


他には、ハチマキに「合格!」とか書いてあってうろうろしている男子
(動揺作戦?)

それぞれの様子に時に親子で吹き出しそうになりながら

午後の試験のスタートが近づき娘は再び挑戦へ


17時には、初回の試験の発表があるので

事務室前の掲示板へ・・とお知らせがありましたが

今はインターネットでも閲覧できるからか?

もしかして不合格なのも・・と思う人もいるのかな?

子どもと一緒に見たい気持ちもあるのでしょうかねぇ。

携帯をスタンバっている方々も多く


でも、母ちゃんはせっかくだし、

朝からあんな調子だったから難しいとは思いつつ

こんな体験もあまりできないと思いますし

掲示板へおもむくつもりで17時ちょっと前に食堂の席を立ち上がりました。


掲示板は高校の入り口にある事務室のところらしく

中学部を出て外の通路をとことこと・・

母ちゃんみたいに掲示板へ向かう保護者はほんとに少なくって(え~っ?)


夕暮れ通り越してもう暗闇の

目の悪い母ちゃんには微妙に何もかもが見づらい時間

もちろん掲示板のところは煌々と電気がともっていますが


どきどき・・が上回って見づらさが普段以上な?


事務室の前の掲示板ってどこ?どれ??っていうくらい動揺していました。


数人のお母さんたちと息をのみました


娘の受験番号は「105番」


当選(10)合格(5)じゃん!

なんてゴロ合わせをしていましたが


パっとみると

100番台のところでは見当たらない気がして

「うっわぁ~・・・」

と思ってしまいましたが・・


掲示板の真ん前を胴を低くして近づきよ~くよく見ますと

105番があった!!
X682

特待合格の出る午前試験

10名の名前も別に記載されていましたが

娘の番号は・・そこにはなかったのですが

あんな体調でしたし

合格は、合格じゃい!良し良し!!

だんだん掲示板に来る保護者も増えてきたところ

中には・・・な人もいるかもしれません

もちろんイヤッホゥ!!な気分でしたが

そこまでのKYではありませんから

頭の中でガッツポーズをしながら

試験中の娘よりも先に

あの緊張感から勝手に解放されて足元がよろよろ・・

頭痛は絶好調でガンガンでしたが

顔が完全にゆるみつつ

事務室へ合格証明書をいただきに


すぐに父ちゃんへ連絡(一日いろいろメールし合いましたけど)

娘の体調に驚いて、一日中心配でいられなかったでしょうが

大喜びでした


この学校、実のところ父ちゃん自身が大学受験をしたときに

振り向いてもらえなかったらしく

とっても行きたかった学校だそうで

附属の中学ですが

娘がリベンジした感じ(笑)


だからってそれが理由でうけさせたわでけはまったくなく

偶然なんですな



午後の試験が終了した娘

親のもとへ戻ってきたのが17時30分過ぎ

食堂入口で合流した親子の集団がごっそりと

午前の合格発表の掲示板のある事務室前へ

悲喜こもごもな表情が入り乱れていましたが


うちは、再度娘が掲示板を確認して

幸運にもにこにこしながら

帰りのバスへ向かうことができました

小さく、でも気持ちは大きく

ばんざ~い!!


もちろん娘の第一志望は都立の一貫校で

試験は2月3日

2月2日も午前と午後、それぞれ違う私立を受験予定ですし

まだまだ続きますが

私立の第一志望


娘にはおおっぴらに言いませんが

親の中ではこの学校が

今後の6年間かもな・・お願いできたらいいな・・と思っていた学校なので

自分の受験のときよりもずっとずっっっと緊張して

その上で合格発表のこの日を迎えることができたのでした。

あともう少し続きます。

すみません(大汗)







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/523-e3c02674
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。