上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありがたいことに、第一志望の合格をいただき

入学へ向けて動いているうちの息子


でも、それまでの受験へ向けての1年間を過程を忘れないように記しておきたいので

しばらくお付き合いください









お正月もちょっとすぎて

日常がようやく戻った1月10日

息子の中学受験初日がやってきました。

埼玉県のうちからはかなり遠い学校。


ここを本命にしているお子さんたちには申し訳ないのですが

塾の先生おすすめの・・というか

第一志望の試験の前に

自信をもてるように・・と滑り止めというか・・はい。


埼玉の中学校はもう一つ受ける予定ですが

こちらは急に息子が受けたがって浮上してきた学校。

でも、レベルが高くて息子にはかなりなチャレンジになってしまう学校で

自信どころの話でもなくってね(*_*)


10日に受けるところは確実に合格しなければならない。

幸いにも直前に受けていた模試ではかなり期待がもてそうな結果をいただけた。

そして試験会場も

わが家のある市の隣の市の市民会館の一室で受験できるということなんです。


その日は朝、ゆっくり家を出て

会場の市民会館にそれでも8時前にはついて

励ましに来てくれた塾の先生に

キットカット(きっと勝つぞ!バージョン)をいただいて

背中を押されて息子は会場入りしていきました。


娘の受験の時は、母ちゃんがついて回りましたが

今回の息子の受験は

父ちゃんが力が入っていますねー。


決して娘の時は父ちゃんは受験に協力していなかったわけじゃないんですよ。

父ちゃんは、当時小4だった息子と留守番をしてめんどうをみてくれる部隊だったのでね。

いつでも基本4人で行動のわが家。分業をしていました。


今回は父ちゃんと母ちゃんと付き添い2人で、できる限りついて回りますよ。


話を戻しますが、息子の試験終了までは

駅のところにあるド○ールでコーヒーをいただきながら

今後の戦略を練る(笑)

少し早めに会場の控えに戻って

息子の受けている試験の問題が張り出されていたので見てみたりして

会場からもどてくるのを待ちました。

息子が戻ってくると

「まぁ、出来た・・かな。」といつものポーカーフェイス。

緊張していたことでしょう。

駅にあるかつ屋さんで

お昼に食べようと

ゲン担ぎにカツを買って帰宅しましたよ。

合格発表は次の日だったので

なんとも言えない気持ちもちょっとありましたが

息子もとても落ち着いていたので11日のチャレンジ校に向けて

また前進したのでした。

10日に受けた学校は

ありがたいことに、特待生合格をいただき

チャレンジ校に向けて弾みをつけることができたのでした。











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/631-08c11e27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。