上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、都立高校の入試日なんですねー。

職場の先輩の息子さんが受験しています。
第一志望とのこと、合格しますように!!



さて、前回の続き

11日の試験がう~ん・・だった息子。

試験結果でうなだれて、考えて

そこの学校の2回目のトライをやめて

2月1日に照準を合わせるとは話していたのですが・・・



次の日、小学校へ行って

やっぱり同じように中学受験をするクラスの子たちと話をしたようです。

午後、息子は学校から帰宅して一言

「お母さん、やっぱりいろいろ考えたんだけどぉ、14日にある☆○中学の2回目を受けようかと思う」

ほうほうほう。

あんまり受験のこと、学校で話すといろいろ言う子もいるし、あとあと結果しだいで

自分も苦しくなるよ!


とは常々話をしていたのですが、まだ小学生だしな

受験生同志ならいろいろ相手の勝敗も気になるなしく・・。

お友達の話を聞いたりして気持ちの中でいったりきたり一日考えたのでしょう。

エントリーしているのだから、前回でも、2回目はなことだってあるかもだしね


結果として、14日の午前中にまた試験を受けにとある埼玉のチャレンジ校へ。

学校の最寄り駅でスクールバスに乗車

今回は、バスの本数が少なくて、満席気味なので母ちゃんは補助席に。

すると息子が挙動不審

どうした?お腹が痛くなっちゃのか?はたまた受験票でも忘れたのか??

すると斜め後ろをこそっと向きつつ母ちゃんに耳打ち

「隣のクラスにいる子で同じ幼稚園だった子がいる!!!」


へっ?

ってことは違うクラスの子でも母ちゃんが知っている子だよね。。。

息子が小さく指さす方、ちょっと斜め後ろを振り返ると

にこにこ笑顔の知ってるママさんが挨拶をしてくれました

幼稚園でも小学校でも9年間同じところに通いつつ

でも、一度も同じクラスになったことがないので

直接お話しするくとこはほとんどない方だったのですが

わりと家も近所なのであいさつはいつもしている間柄

そこは、娘さんが受験とな。


たははははっ・・・

っと思っていたらすぐに学校に着いちゃった。

今回はさすがに前回ほどの受験生はいなくて付き添いの保護者も少人数。

さらに狭き門なのはわかっていました。

でも、チャレンジしてみなきゃわからないしねー!

今回もポジティブな気持ちで学校の玄関先にて息子を送り出しました。

国・算の2科目受験なので

またまたすぐ終了


試験会場から帰ってきた息子は

半笑いで一言


もうね、前回よりももっとできなかったし



そそそそそうか・・


帰りのスクールバスが来るまでしばらく時間があったのですが


もう、ここへは二度と来ることはないだろうから校舎を見ておこう・・

と、息子は笑顔でつぶやきながらも

バス乗り場の手前で立ち止まって学校を振り返り見つめていました


まだ、合格発表見たわけでもないのに・・でもな、たぶん・・

なんとも言えない気持ちでした

別に第一志望はあるのだけれども、でもでも憧れの学校

もしかしたら、もしかして?と願って2回受験


けれど・・、夜にホームページで確認した合格発表

もしかしてはなかったね。。。


受験は甘くない。

どこかでわかってはいるのだけれども

厳しい現実・・



学校の帰りは母ちゃんの方がなんだかどよ~んとしていました。

お腹がすいていたからか?

いやいやいや・・



改めて、やっぱりおれは第一志望に集中するべきだな。

駅ビルの洋食屋さんで

息子は、ぱくぱくとオムライスを食べながら一言。


子どもらしいというか?うちの息子らしいというのか


熊さんは(笑) 合格発表を待たずして

もう切り返して走り出しているようなので

母ちゃんもまた残り半月ほどですが全力で伴走しようと思ったのでした。


娘の時は、埼玉県の受験をしなかったので

今回は、とても長い受験期間に感じました。

こんなことがありましたが、

結果として

息子は東京の第一志望校に合格することができましたので

今は、4月からお世話になる学校のパンフレットを見たりホームページやブログを読んだりしています


先日は制服の採寸も行って、入学生への説明会では先輩方のプレゼンを観たり

先生方のお話しを伺ったりしてスイッチが入り。

さっそく教科書をどっさりと帰りに持たされて

宿題も第一弾が出ちゃって(第二弾もある

入学までまだひと月以上あるのに、

どんどん学校に背中を押されて中学校生活が走り始めてしまっています

やっぱりおれは、ここに来ることになっていたんだな・・みたいな話もしていたし

(チャレンジ校では、親子でちっこい船ごとひっくり返されちゃいましたけど←まだ言ってる)

息子の顔を見ていたら

めでたしめでたしであり、これ以上ない受験結果であったわけです。。。


さ、仕事仕事・・

これからさらにごっそり数か月ごとに引き落としがくるので

親は、船が沈まないように漕がないといけないのです

しばらく、旅行のりょの字も出ないな・・

ま、いっか行く暇もなし。

貧○暇なし・・を実践する訳です。



それにしても中学受験

ほんの3年前の今頃、娘に言われて慌ててはじまったわが家です。

中学受験て

親主導の受験と言われておりますが

うちは2人とも子ども主導でしたねー。

ホント、いろいろ勉強させてもらいましたわい。

さて、貯金通帳とにらめっこしながらやっていくとしますか



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/635-7873ffaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。