今朝は母ちゃんの家の方は
また天気が良くないです

早めに散歩に行かないとなぁ

さて、
皆様に大変ご心配をおかけした
我が家のチョコですが

保護されるまで
なかなかのことをやらかしていた??
みたいで
ご報告させていただきます。

クッキー「また、チョコ姉さんのことなんでしゅかぁ?」
IMG_0643.jpg

すみませんねぇ、
近いうちに君たちのことも記事にいたしますよ。

さてさて

チョコが保護されたのは逃走から1時間30分くらい
の26日の夕方。

場所は
雨が振る前の
夕食をいろどるために
食材を買う主婦の方々でにぎわう
母ちゃんの家の最寄駅前周辺商店街。

ここからは、保護してくださった女性(推定60歳前後の方)の
お話に基づくものです。

その女性も夕飯のために
駅前のスーパーなどに買い物に出かけていたそうです。

すると八百屋さんの前で
ちょっとした人だかり

目玉商品でもあるのかと思いその方は
八百屋さんへ。

すると・・・

チョコ「いらっしゃいませぇ」
IMG_0638.jpg

お店の前にちょこんと
お座りをして
買い物客の皆様に愛想を振りまく
黒い犬。

「あらぁ、かわいいじゃない、おやっさん。」
「きゃぁ、看板犬?」

お客様が口々に犬を撫でて話しに盛り上がっていたそうです。

この方ももれなく
「ちゃんとお座りしてにこにこしてるじゃないのぉ」
って八百屋さんに話しかけたそうです。

すると

「うちの犬じゃ、ねぇんだけどさ・・・
さっきからその辺をうろうろしている犬がいるなぁって見ていたら
いつの間にか居ついちゃってさぁ。」

皆様一同
「えぇぇぇっ!!!」

IMG_0631.jpg

チョコ「今、いよかん、はっさくおいしくなってきましたぁ。」

こんな感じでしょうか?
店頭にはおいしそうな柑橘類やりんごやいちごが並び
甘いいい香りがしていたそうです。

まぁ、超食いしん坊のチョコがそれらに飛び掛っていなかったのが幸い

勝手に看板犬を買ってでて
お店は繁盛されていたそうですが・・・

「それじゃ、飼い主さん今頃探しているんじゃない?
このまま
またどこかに行って事故にあってもいけないし
交番に届けたほうがいいんじゃない?

ということで
犬を飼われたことのあるその方が駅前交番に
チョコべぇを届けてくださったそうです。

リードもないし
抱っこして届けてくださったのでしょう
およそ10kg重かったと思います

そして届けたあと
その方は近所の動物病院へ赴き
チョコを預けてくださったそうです。

チョコのワクチン接種歴とかわからなかったので
(うちがお世話になっている動物病院ではなかったので)
インターフェロンを注射され、その後預かり料をその方は
支払って帰宅されたそうです。

モカ「なんか調子よくな~い?」
IMG_0647.jpg

まぁね・・・。

その後のみんなの慌てようと悪天候の中の捜索のことを
考えたらそうも思えないけど
おかげで
事故にも雨にも会わずに
温かいところで
チョコは保護されていたのです。

晩には
その動物病院さんのHPには
「迷い犬保護中」
の記事に掲載されておりましたとさ
久米川みどり動物病院

あらぁ、チョコちゃんカメラ嫌いなくせに
満面の笑み?
おいしそうなおやつをたくさんもらったようね・・・

灯台下暗し・・・とはこういうことをいうのでしょうね。

でも、その時の母ちゃんは近所の動物病院をくまなく
探すまで冷静でいられなかったのです

でも、ケガとかしていたら
運ばれる可能性もあったし
教訓になりました。
でも、もう二度とこういう経験はしたくはありませんが。

晩には雨もかなり降り
お腹をすかせていないか
雨に濡れているんじゃないか
ケガをしているんじゃないか・・・

近所の犬が吠えれば玄関を飛び出してみたりしたのですが
天敵モカがぐっすり眠っているので
違うんだろうなぁって戻ってみたりね。

次の日はご存知の通り
東京ではめずらしく雪模様。

7時45分に娘の登校班を見送って
母ちゃんはいつもの散歩コースと
西武新宿線をはさんだ反対側の
市役所周辺の公団住宅群、公園の遊具の中など
どうみても
「探し物をしている」
風貌でうろうろしていました。

今考えると寒かったなぁ

一端息子の幼稚園の送りがあったので帰宅後
お手製張り紙を持って
いつもお世話になっている
動物病院さんやペットグッズのお店に捜索願いをして
歩き回っていましたよっ

で、夜勤の父ちゃんもお昼まで捜索に付き合うということで
おなかも空いてきたし11時にまた帰宅したら

留守電が入っていたのです。

母ちゃん、まず家にいるので
留守電ランプが点滅することは珍しく
そして直感でチョコの件に違いないと
思いました。

すると予想通り
駅前交番のおまわりさんの声。

すぐに携帯とお財布をもって
父ちゃんにクレートを持たせて車に乗り込みました。

ケガもなさそうだし
チョコが元気にしているということなので

ほっとしながらも
早く合いたいので

とても近所の動物病院なのに
着くのに時間がかかったようでした。

病院の受付で何を言ったかもう覚えていませんが
診察台で
母ちゃんに抱きついてくれたチョコ。

涙が出てしまいました。

今考えると
昨、夕方の「のほほん武勇伝」のわりには
母ちゃんにも振り向いてくれたのね・・・
て感じですが。

チョコを大事に保護してくださった病院のスタッフの皆様には
感謝してもしきれません。

そして交番のおまわりさん3人。

「私は北海道出身で昔グレートピレニーズを飼っていたんですが
脱走したことがあって
近所中『白くま騒動』を
巻き起こしちゃって大変でしたぁ、良かったですね。」

なんてお話をしてくださった若いおまわりさん
保護してくださった方に電話を回してくださったおまわりさん。
本当に駅前で忙しいのに時間をさいてくださり
ありがとうございました。

保護してくださった方は
新青梅街道を渡った先にあるマンションの女性だそうで

家にいらっしゃるそうなんで
すぐお礼の焼き菓子を購入して
行ってきました。

エントランスからロビーに入れていただき
どこから現われるのかと立っていたら

「きゃぁ!良かった見つかって!!」

と私の顔を見るなりその女性はおっしゃってくださり
抱きついてくれました。

聞けば、交番から動物病院までの間
ちょっとリードをつけて
チョコの散歩をしてくれたそうで
どうしても
いわゆる母ちゃんの家方向に走っていこうとする地点があって
怪しかったのだが
途中でターンしてしまうので
行き着かなかったそうです・・・。

そんなことまでしてくださって
感謝の言葉もありませんでした。

今度チョコにまた会いたいと言っていただき
(本当におとなしくていい子で~かわいいのよね)←とかかなり
言っていただき赤面でした。

クッキー「そうとう仮面をカブっていたにちがいないでしゅね」

IMG_0651.jpg

まぁ、君らに対するチョコの態度からすると
そうも思えなくもないけど
その愛想の良さもいい結果につながったと思います

とても長い話になってしまいましたが
本当に温かい方々にめぐまれ
無事に家に帰ることができました。

それにしても、
八百屋の看板犬ってさぁ。

これからずっと言われちゃうんだからね、チョコちゃん!!







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okorinbokachan.blog7.fc2.com/tb.php/76-5099fa24